易経講座

講座名 「易経」全巻詳解セミナー 易海陽光 講師
日程 2019年9月19日(木)15時~18時 原則第2または第3木曜日

上経22卦(9/19,10/17,11/14,12/5,1/16,2/20,3/19,4/16,5/14,6/18,7/16,8/20)

上経23卦~30卦まで(9/17,10/15,11/19,12/17)

下経31卦~64卦(2021年1/21,2/18,3/18,4/15,5/20,6/17,7/15,8/19,9/16,10/21,11/18,12/16,1/20,2/17,3/17,4/21,5/19)
講座料 1回3時間 15000円+税

ご一括
上経22卦 全12回 186000円(12000円引き)
上経30卦まで 全4回 63360円(2640円引き)
下経31卦~64卦 全17回 269280円(11220円引き)
会場 カイロンスクール
案内 「易経」は中国歴史上、もっとも幅広く深い影響をもたらした本です。当初から濃厚な占筮文化の特徴を備えており、かつ同度な実践の智慧に満ちています。数千年にわたって、膨大な文化体系となり、中国哲学と思想が一貫した源泉であります。また、中国伝統の儒教、道教、漢方医学、天文学、法家、兵法家などいわゆるすべての文化は皆「易経」から伝わってきました。「易経」は中華文化の源です。「易経」を学べば、「論語」、「中庸」、「黄帝内経」、「孫子兵法」などの書物に対する理解はより深くできます。
16世紀にポルトガルの宣教師アルバロ・デ・セメドにより、「易経」を西洋に紹介してから、英語、ドイツ語など数か国語に翻訳され、西洋では「易経」についての研究も盛んになっています。
日本では、現状として、易経について、大勢のかたはまた占筮や風水のイメージしかないです。さらに迷信と思われている方も数多いので、非常に残念なことです。
私は今日本で「易経」文化を広げようと努めており、できる限り「易経」の真髄を皆さんに伝えたいと思います。
内容 1.「易経」と宇宙天体の関係
2.「易経」は学問体系を確立した理論根拠
3.「易経」六四卦詳解、卦辞、爻辞の翻訳、説明
4.爻と爻の関係について詳細に説明する
5.爻変により変わった卦と本卦との関係、また爻変がもたらした結果の説明
6.孔子の「易伝」と卦辞、爻辞と合わせて翻訳、詳解
備考 ※インターネット配信による補講有。

 

2019年03月26日